九国大逆転負け 伊藤監督「負けるべくして負けた」

[ 2019年5月25日 21:34 ]

九州六大学野球優勝決定戦   福岡大8―4九国大 ( 2019年5月25日    福岡市今津球場 )

<九国大・福岡大>3回に3ランの東(中央)。逆転負けで空砲に終わった
Photo By スポニチ

 九国大は3季ぶりの優勝を逃した。3回に福永の適時打、東の3ランで4点を先制。しかし5回に守備の失策もあり同点に追いつかれると、打線は7回無死三塁で無得点などあと一本が出ず逆転負け。伊藤健治監督は「負けるべくして負けた」とがっくりだった。

 表彰選手
 ▽最優秀選手賞=村上幸人(福岡大、九産大九州)▽優秀選手賞=田中未来(九国大、宇部商)▽敢闘賞=笹川聖文(西南大、東福岡)小畑翔大(北九大、海星)木下怜(九大、修猷館)▽首位打者=水本大志(西南大、・412、筑紫台)、田中未来(九国大、・412)▽本塁打王=池尻森(九大=3本、修猷館)▽打点王=佐藤陽(西南大=12、大分豊府)▽最多勝=笹川聖文(西南大、5勝)▽最優秀防御率=笹川聖文(西南大、1・84)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月25日のニュース