広島・長野 移籍初の東京Dで代打 大歓声に感謝の安打

[ 2019年5月25日 05:30 ]

セ・リーグ   広島8-3巨人 ( 2019年5月24日    東京D )

9回無死二塁、代打で中前打を放つ長野(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 広島・長野が9回無死二塁から代打で出場。高木から中前打を放ち、8点目につなげた。「広輔(田中)が(二塁打で)出たので、僕も何とかつなげるようにと」。

 移籍後初めて古巣の本拠地での試合。慣れ親しんだ東京ドームで広島ファンだけでなく、巨人ファンからも歓声を浴び「本当にありがたい声援をいただいた」と感謝していた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月25日のニュース