阪神 DeNA戦7連勝でストップも 矢野監督、9回5得点猛攻を評価「明日に生かせるように」

[ 2019年5月25日 18:26 ]

セ・リーグ   阪神5―6DeNA ( 2019年5月25日    横浜 )

<D・神>9回無死二、三塁、左越え3ランを放った糸井を迎える矢野監督(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 阪神がDeNAに5―6で敗れ、同カードの連勝が7で止まった。しかし、0―6で迎えた9回に一挙5得点をあげて1点差に迫る猛攻を披露。矢野監督は「あのまま完封で終わっていたら(相手の)中継ぎの登板がないまま終わっていたと思う。明日に生かせるように」と前向きに捉えた。

 その9回は、先頭の近本、糸原の連打で二、三塁とし、糸井が左翼へ3ランを放って3点差に。続く大山が二塁内野安打で出塁したところで、DeNA先発・上茶谷をマウンドからひきずり下ろした。なおも2死二、三塁まで攻め立てると、守護神・山崎康から木浪が2点適時打を放って5点目。最後は鳥谷が左飛に倒れて惜しくも敗れたが、収穫はあった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月25日のニュース