ソフトB・デスパ 延長10回マッチとV連弾「完璧だった。最高の一本」

[ 2019年5月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6-3ロッテ ( 2019年5月24日    ZOZO )

3回無死二塁、左越え2ランを放ったデスパイネはナインの出迎えを受ける(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは延長10回にデスパイネと松田宣が2者連続本塁打し、連敗を2で止めた。この回は先頭のグラシアルがこの日4安打目となる二塁打を放つと、デスパイネが直球をバックスクリーンへ。松田宣も初球を右翼席に運んだ。

 3回にも2ランを放ったデスパイネは今月だけで10発と絶好調で「完璧だった。最高の一本」と笑みがはじけた。この試合前まで2勝7敗のロッテに勝利し、工藤監督も「追いつかれても闘志を燃やしてくれた。チームにとって大きい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月25日のニュース