大船渡・佐々木 今年初の完封勝利!最速145キロも2安打10奪三振

[ 2019年5月25日 13:16 ]

練習試合   大船渡7―0盛岡商 ( 2019年5月25日 )

大船渡・佐々木
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト最注目の163キロ右腕・大船渡の佐々木朗希投手が25日、岩手県内で行われた盛岡商との練習試合に先発し、自身にとって今年初めての完封勝利を挙げた。

 安打は2回と9回に許した2本のみで、9回2安打、10奪三振。阪神と巨人のスカウトが視察に訪れる中で、この日の最速は145キロと抑え気味だったが、キレのある変化球を中心に快投を演じた。

 阪神の葛西稔スカウトは、「チェンジアップにカーブ、フォークも前より良くなった。アウトローに決まる質の良い直球も顕在」と評価。先週に行われた春季岩手県大会は初戦敗退に終わり、夏の大会はノーシードスタートとなったが、佐々木はこの日に新たな一歩を踏み出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月25日のニュース