西武 接戦制し今季初の5連勝 秋山は前日の試合から3打席連続本塁打

[ 2019年5月25日 18:20 ]

パ・リーグ   西武7―5日本ハム ( 2019年5月25日    メットライフD )

<西・日11>2回無死、秋山が右越えに2打席連続となるホームランを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・秋山が25日の日本ハム戦(メットライフD)で、前日の試合から3打席連続本塁打となる2発を含む5打数4安打2打点の活躍をみせ、チームを今季初の5連勝に導いた。

 秋山は「1番・中堅」で先発出場。初回の第1打席、日本ハム先発・バーベイドから左翼席に先頭打者弾となる8号ソロを叩き込んで先制。続く2回の第2打席でも、右翼席へ9号ソロ。前日の同戦8回の第5打席で左翼席に7号ソロを放っており、これで2戦連発、前日の試合から3打席連続となる本塁打。その後の打席でも2本の安打を放ち、この日は5打数4安打と固め打ちした。

 主将の活躍で、2回までに5点のリードを奪ったチームは、4回に一時は同点に追いつかれたものの、7回2死満塁から押し出しと栗山の犠飛で2点を勝ち越し。その後は、ヒース、増田の投手リレーでリードを守り、接戦を制した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月25日のニュース