オリックスが逆転勝ち 吉田正が勝ち越し打、先発・成瀬は1失点好投

[ 2019年5月25日 17:15 ]

パ・リーグ   オリックス4―1楽天 ( 2019年5月25日    楽天生命パーク )

<楽・オ11>7回無死 ソロ本塁打を放ちハイタッチをかわすロメロ (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 最下位オリックスが25日、2位の楽天と対戦し、終盤に逆転して今季18勝目。先発・成瀬の好投に応えた。

 0―1で迎えた7回、楽天先発・岸から先頭打者・ロメロが左翼席へ2号ソロを放ち同点。8回、2番手・宋家豪を攻め、2つの四球などで1死満塁とすると、4番・吉田正が一塁の頭上を越える右前の適時打で2点を勝ち越し。なおも、2死二塁で、ロメロが右適時打を放ってこの回一挙3点を奪い、試合を決めた。

 投手陣は先発成瀬が5回2/3を投げ、3安打5奪三振で、被本塁打のみ1失点に抑える好投。その後は比嘉、近藤、澤田、増井とつなぎ、楽天打線を無失点に抑えた。

 楽天は、3月29日のロッテとの開幕戦で左太腿裏を痛め、復帰戦となった先発・岸が7回を投げ、99球で3安打6奪三振1失点の好投。打っては4回、成瀬から浅村が放った13号ソロの1点のみだった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月25日のニュース