巨人ミス連発で広島との直接対決完敗 原監督「わが軍の不徳の致すところ」

[ 2019年5月25日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3-8広島 ( 2019年5月24日    東京D )

引き上げる原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 攻守の痛恨のミスが響いた。首位・広島との直接対決初戦に敗れた巨人・原監督は「隙を見せたのは、わが軍の不徳の致すところ」と受け止めた。

 2―4の5回1死二塁、二走・石川がけん制に戻りきれずタッチアウト。直後に坂本勇のソロが生まれた。3―4の7回2死二塁では、3番手の戸根がスライダーのサインを見間違って投じた直球を捕手・炭谷が後逸。三進を許した直後に、野間にセーフティーバントを決められて、リードを広げられた。指揮官は「(石川は)フォローはちょっとできかねる。戸根もあそこでサインミスしているようじゃね」と苦言を呈した。

 クリーンアップに4発を浴びた。原監督は「まだまだプレッシャーなんて言葉を使うに値しない位置(時期)。しっかりと教訓とするということ」と反省を促した。(青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月25日のニュース