ヤクルト・青木が同点ソロ 8戦ぶり一発で連敗中のチームにカツ!

[ 2019年5月25日 18:45 ]

セ・リーグ   ヤクルト―中日 ( 2019年5月25日    神宮 )

<ヤ・中>初回1死、同点ソロを放つ青木(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの青木宣親外野手(37)が8試合ぶりの7号ソロを叩き込んだ。初回1死、カウント3―1から中日・柳の143キロ直球を右翼席中段へ。5月17日・DeNA戦以来の一発となった。

 9連敗中のチーム、しかも初回に遊撃・太田の失策を足場に先制された暗いムードを吹き飛ばす同点弾だ。「ストレート。先制されたのですぐ取り返したいう気持ちで打席に入りました。ホームランという結果になって良かった」。

 負ければ17年7月以来という2ケタ連敗を阻止すべく、ベテランが消沈気味のチームにカツを入れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月25日のニュース