東洋大3番・山田連発!7戦5発 4番・佐藤都と主軸アベック砲

[ 2019年5月11日 05:30 ]

東都大学野球 第4週第2日   東洋大4-1立正大 ( 2019年5月10日    神宮第1 )

6回、4合ソロを放つ山田
Photo By スポニチ

 2回戦3試合が行われた。東洋大は3番の山田知輝外野手(4年)が2戦で3発となる2打席連続本塁打を放つなど、4―1で立正大を下して1勝1敗のタイとした。また、駒大は国学院大を5―4で、中大は延長戦の末に亜大を2―1で破り、いずれも1勝1敗とした。

 東洋大の3番・山田のアーチ量産が止まらない。6回に右翼席、8回はバックスクリーンに叩き込む2試合連続の4、5号。右膝故障で第2週を欠場しており、わずか7試合で5本目だ。勝利に貢献し「最終学年なので“やってやる!”の思いで試合に臨んでいます」と振り返った。

 捕手としてドラフト上位候補に挙がる4番・佐藤都は初回、内角球を右翼席へ昨年春以来となる先制の1号2ラン。頼もしい主砲コンビに杉本泰彦監督も「2人の飛距離はエグいですよ」と目を細めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月11日のニュース