中大・森下 延長10回V打「迷惑をかけていたチームに貢献したかった」

[ 2019年5月11日 05:30 ]

東都大学野球 第4終第2日   中大2-1亜大 ( 2019年5月10日    神宮第3 )

延長10回1死一、二塁から適時二塁打を打つ森下
Photo By スポニチ

 中大の1年生5番が決めた。1―1の延長10回1死一、二塁から森下が決勝の左越え二塁打。4番の牧が申告敬遠された直後の殊勲打に「自分で勝負と思っていた。迷惑をかけていたチームに貢献したかった」と、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 右翼守備では6回2死二塁からの右前打で、先制点を防ぐ本塁への好返球。清水達也監督は「最近ちょっと悩んでいたけど悪くはなかった」と喜んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月11日のニュース