巨人・岡本、17戦ぶり一発「走り方を忘れていました」

[ 2019年5月11日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人19―7ヤクルト ( 2019年5月10日    東京D )

5回無死 ソロ本塁打を放つ岡本 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人は岡本の4月19日阪神戦以来、17試合ぶりのアーチが決勝打となった。同点の5回先頭で左翼席中段へ8号ソロを運んだ。「ここ最近ずっと打っていなかったので、走り方を忘れていた。うれしすぎて気づいたらホームだった」。

 この日は本塁打を含む4安打2打点と4番らしい活躍。「打線の流れを僕がいつも切っていた。明日以降も頑張りたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月11日のニュース