DeNA今季初の零敗…ラミレス監督、不振ソトの打順再考へ

[ 2019年5月11日 17:43 ]

セ・リーグ   DeNA0―4広島 ( 2019年5月11日    マツダ )

<広・D>選手交代を告げベンチに戻るラミレス監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 今季初の零敗を喫し、借金は「10」に逆戻り。DeNAのラミレス監督は「チャンスは作れたが、あと1本が出なかった」と首を捻った。

 筒香が3安打するなど打線は広島と同じ7安打を放ったが、3番・ソト、5番・ロペスが無安打で繋がらなかった。

 5月に入って打率1割台、最近9試合は本塁打も出ていないソトについて指揮官は「(不振は)分かっているが使っていく。ただ打順は考える」と、起用法の再考を示唆した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月11日のニュース