立大 早大から1点も奪えず敗戦…ヒット6本はすべて1年生

[ 2019年5月11日 14:50 ]

東京六大学野球春季リーグ戦 第5週第1日1回戦   早大3―0立大 ( 2019年5月11日    神宮 )

<早大・立大>敗れた立大ナイン(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 立大が早大・早川―徳山のリレーの前に1点も奪えず敗れた。

 打ったヒットは6本。1番の宮崎仁斗(大阪桐蔭)が3安打、3番柴田颯(札幌第一)が1安打、4番山田健太(大阪桐蔭)が2安打とすべて1年生が記録したもの。溝口智成監督も「ヒットは1年生だけ。それ以外は三井の四球だけでしょ。他の打者がしっかりしないと」と厳しい表情で話した。

 規定打席には達していないが、2安打で打率を・450と上げた山田は「早川さんは予想通りいい投手でした。率を残すには右方向に打たないといけないし、8回のチャンスは1点入れば流れは変わると思ったので」と、6回の右前打、8回2死二塁からの左前打を振り返った。そして「欲を出すと打てなくなるから、センター返しの基本を大事に、これからもチャレンジしていきたい」と謙虚に話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月11日のニュース