日本ハム渡辺、値千金V弾「送りバントだと思ったら…」

[ 2019年5月11日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム7―5西武 ( 2019年5月10日    札幌D )

6回無死一塁、逆転の2点本塁打を放つ渡辺(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・渡辺が値千金の決勝弾だ。3点リードの6回に中村の満塁弾で逆転された直後の攻撃で無死一塁から左中間に再逆転の3号2ラン。「送りバントだと思ったら“打て”だった。期待に応えたかった」と胸を張った。

 二塁定着を目指す高卒6年生。かつてのレギュラーで今季限りで現役を引退する田中賢からは事あるごとに助言を受けており「恩返しのためにも二塁に定着したい」と意気込んだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月11日のニュース