ソフトB武田また8失点KO「本当に申し訳ない」工藤監督は配置転換示唆

[ 2019年5月11日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―9ロッテ ( 2019年5月10日    ヤフオクD )

4回途中8失点で降板する武田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは今季2度目の3連敗。先発の武田が2試合連続で自己ワーストの8失点と乱れ「前回、前々回もチームに迷惑をかけた。本当に申し訳ない」とうなだれた。工藤監督は、調子の上がらない右腕に「リリーフに回る可能性もあるし、ちょっと考えます」と配置転換を示唆した。

 今季のロッテ戦で1勝6敗のチームは投手陣が7試合で計36失点。先制された試合は全敗と、後手に回る展開が繰り返されている。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月11日のニュース