広島 貯金失敗から1日で勝率5割復帰 ジョンソン6回零封2勝目 11日ぶり先発復帰の松山がV打

[ 2019年5月11日 17:00 ]

セ・リーグ   広島4―0DeNA ( 2019年5月11日    マツダ )

<広・D>広島先発のジョンソン (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島が先発左腕・ジョンソンの6回無失点好投などでDeNAに4―0と勝利を収め、4度目の挑戦で貯金1に失敗した前日から1日で勝率5割に復帰した。

 広島は初回、2死からバティスタが四球で歩き、鈴木の左前打で一、二塁としてから4月30日以来11日ぶりの先発復帰となった松山の右前適時打で先制。2回には右前打で出塁した先頭・田中広をバントで送り、投手のジョンソンが四球を選んだ1死一、二塁から今季初めて1番に起用された西川が左前へ適時打を放ってリードを2点に広げた。

 その後はDeNA先発のドラフト1位ルーキー上茶谷の前に追加点を奪えずにいた広島打線だったが、2―0のまま迎えた7回、この回から登板した2番手左腕・石田に1死から野間が右翼への三塁打を放つと、西川が四球を選んで一、三塁。ここで菊池涼が右越え二塁打を放って待望の3点目が入ると、マウンドが3番手・笠井に代わった1死二、三塁からバティスタが右犠飛を放って4点差をつけた。

 投げては6回5安打無失点と好投した先発・ジョンソンの後を受けたリリーフ陣も一岡、フランスア、中崎と完封リレーでつないで逃げ切った。ジョンソンは4月21日のDeNA戦(マツダ)以来となる今季2勝目(3敗)をマークしている。

 DeNAは6度目の先発登板でプロ初勝利を目指した上茶谷が6回5安打2失点と好投したが、またも打線の援護に恵まれず3敗目を喫している。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月11日のニュース