ヤクルト石川 18年連続白星へ勝利投手の権利を持って降板 5回無失点

[ 2019年5月11日 19:41 ]

セ・リーグ   ヤクルトー巨人 ( 2019年5月11日    東京D )

力投するヤクルト先発の石川(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 プロ18年目の石川雅規が今季初勝利を目指して先発のマウンドに上がり、5回4安打無失点で勝利投手の権利を持って交代した。6回の打席に代打を送られ、66球でマクガフにバトンを渡した。

 石川は今季5試合に登板し0勝1敗。現役投手最多の通算163勝を挙げている39歳左腕は、昨年まで毎年白星を挙げており、この試合で白星を手にすれば95年から12年に西口文也(西武)が記録した以来のプロ入り18年連続勝利となる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月11日のニュース