ヤクルト39歳・石川 18年連続白星!巨人に5回無失点で今季1勝「家族、ファンに感謝」

[ 2019年5月11日 21:05 ]

セ・リーグ   ヤクルト3ー1巨人 ( 2019年5月11日    東京D )

18年連続勝利を挙げた石川(右)はつば九郎とスタンドのコールに応える(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 プロ18年目の石川雅規が5回4安打無失点で今季初勝利。初回に巨人・坂本勇にセ・リーグタイ記録35試合連続出塁となる中前打を許したが、前日に23安打を放った巨人打線を4安打に封じた。

 バトンを渡したマクガフ、ハフが無失点リレー。9回に梅野が坂本勇に13号ソロを浴びたが、3-1で逃げ切った。

 石川は今季5試合に登板し0勝1敗。ようやく手にした白星に「1勝、欲しかったです。長いというのはなかったですが…毎試合毎試合、準備をするだけなので」と謙遜しつつ笑みを浮かべた。

 これで現役投手最多の通算164勝。昨年まで毎年白星を挙げており、95年から12年に西口文也(西武)が記録した以来のプロ入り18年連続勝利となった。前日爆発した巨人打線に「試合前に作戦を練った。思い通りといいますか、低め低めにコーナーをつけてよかった。味方が先制してくれたので、気持ち的に楽になり、もっともっと攻めていこうという気持ちになれたのでよかったです」と振り返った。

 プロ入りから18年、チームを支え続けた。「(連続勝利は)一人でできることではない。家族、コーチ、チームの皆、ファンの皆さんに感謝です」と周囲に感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月11日のニュース