“持ってる”広島・松山 ソトのミスで先発復帰即先制適時打

[ 2019年5月11日 14:49 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2019年5月11日    マツダ )

<広・D(8)>1回裏2死一、二塁、松山は右前に先制の適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・松山竜平外野手(33)は、初回2死一、二塁で、2ボールから上茶谷のチェンジアップを右前適時打として、先制に成功した。

 「打ったのはチェンジアップ。バットの先だったけどいいところに落ちてくれた。先制点につながってよかった」

 バットの先に当たった会心とは言えない右翼の定位置前方への飛球だった。しかし、ソトの判断が遅れたこともあり、ソトの目の前で打球が弾んだ。4月30日阪神戦以来の先発起用に、運も味方した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月11日のニュース