巨人・田中俊「びっくり」満弾 史上8組目の兄弟グランドスラム

[ 2019年5月11日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人19―7ヤクルト ( 2019年5月10日    東京D )

7回1死、満塁本塁打を放つ田中俊 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人・田中俊がプロ初満塁弾を放った。7回1死満塁。バックスクリーン右に2号を放り込み、この回一挙8得点の猛攻を締めた。「チャンスだったので思い切って真っすぐを振りにいった」。

 この日のDeNA戦では兄・広輔(広島)も1号2ランと兄弟同日アーチとなったが「自分のことをやらないといけない」と冷静に話した。広輔も満塁弾の経験があり、兄弟で満塁本塁打を放ったのは史上8組目となった。

○…田中俊(巨)が初の満塁弾。兄の広輔(広)も満塁弾が2本あり、別表の通り史上8組目の兄弟満塁本塁打となった。また、兄もDeNA戦で今季1号。兄弟の同日本塁打は16年8月28日の堂上兄弟(剛裕=巨、直倫=中)以来。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月11日のニュース