巨人、大船渡・佐々木をドラ1候補に 星稜・奥川らもリストアップ

[ 2019年5月11日 05:30 ]

163キロ右腕の大船渡・佐々木
Photo By スポニチ

 巨人は10日、都内の球団事務所でスカウト会議を開き、約160人をリストアップ。長谷川国利スカウト部長は約10人の1位指名候補に大船渡・佐々木を挙げ「ポテンシャルの高さや身長を考えた時に(評価が)高くなるのは当たり前」と話した。1位候補の順位付けは行わず、星稜・奥川の名前も挙がった。

 4月に163キロを計測した佐々木については「今パッと1軍のゲームで投げたって、バッターはなかなか打てないぐらい」と評価。会議では「最初から1軍でずっとローテーションでということは考えてない」と長期的な視点も話し合われた。

 佐々木は現在、骨密度を測定したデータに基づき球速を抑える投球を行うが、長谷川スカウト部長は「どこかでブレーキを外してムチを入れなければいけない。我々もその時期を見極めていかないといけない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月11日のニュース