阪神・糸井 2試合ぶりにスタメン復帰で貴重な追加点叩き出す

[ 2019年5月4日 16:21 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年5月4日    甲子園 )

<神・D>5回2死満塁、押し出しの四球で三塁から生還した糸井はナインとハイタッチをかわす(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

  2試合ぶりにスタメン復帰した阪神・糸井が貴重な追加点を叩き出した。

 3点ビハインドの6回、二塁・ソトの失策で出塁した近本が糸原の2球目に二盗を成功。糸原の二ゴロで1死三塁として糸井の放った打球は二遊間への弱いゴロも、前進守備の間を抜けるラッキーな形の適時打となって4対0にリードを広げた。

 前日は積極的休養でベンチスタートなった超人が、きっちりと仕事を果たした。さらに、2死一、二塁の好機を作ると梅野も中前適時打を放って、5点差とした。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース