ソフトB・松田 2本のタイムリーに「いい試合だった」

[ 2019年5月4日 18:15 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―0オリックス ( 2019年5月4日    ヤフオクD )

<ソ・オ7>ファンの声援に応える千賀と松田(右)(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 首位ソフトバンクが最下位のオリックスに完勝して3連勝。ベテラン・松田が2本のタイムリーでチームを勝利に導いた。

 松田は初回、2死一、二塁から左前に先制打。「チャンスだったので、甘い球を積極的に打とうと思っていた。変化球だったんですけど、しっかりバットに引っかかってくれた。ランナーが周東だったので、確実に抜けたら1点入る思っていたので、打てて良かった」。3回にも、無死一塁から左中間に適時2塁打を放った松田。「前の打者のディスパイネが四球だったので、四球の後の初球はすーっと取りがちなので、その球をきちんと打つことができたと思います」と振り返った。

 先発の千賀は7回3安打無失点の好投。「めちゃめちゃいいピッチャーというのは誰もわかっているし、いつもバッター陣には初回に取ってくださいって言うので、初回に点数を取ったらスゴイピッチングをしてくれるので、だから初回に点数を取ることができて、いい試合だったと思います」と松田。「けが人もたくさんいるんですけど、若い選手がこのチャンスがつかもうと必死にアピールしている。若い選手とベテランの選手で一致団結して頑張っているので、めちゃめちゃいい試合ができている。また明日も連勝を伸ばせるようにチーム一丸となってやっていきたい」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース