広島・床田、自責0も「踏ん張りたかった」緒方監督は評価

[ 2019年5月4日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6―3巨人 ( 2019年5月3日    マツダ )

7回無死一、三塁、丸に同点の左犠飛を浴びて渋い表情の床田。左は生還した増田大(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 我慢の投球だった。広島・床田は3四死球で招いた3回2死満塁でビヤヌエバをスライダーで二ゴロ。5回は2死から単打と連続四球で背負った2死満塁で再び迎えたビヤヌエバをツーシームで空振り三振に仕留めた。

 味方の拙守を言い訳にせず「踏ん張りたかった」と悔やんだのは7回だ。無死一塁から代打・小林の二ゴロで併殺を狙った菊池涼が二塁へ悪送球。直後の一、二塁で代打・阿部に右翼線へ適時打を浴びた。さらに坂本勇の三ゴロを安部が適時失策。丸の左犠飛で同点を許して降板した。

 「抑えられれば、信頼を得られるところだった。ここぞの場面ではじき返されたのは、もったいなかった」

 プロ3年目で初の中5日登板でカード初戦を託され、6回1/3、3失点ながら自責0。リーグトップタイの5勝目は付かなくても防御率1・55は同2位の安定感だ。緒方監督も「しっかり投げてくれた」と評価。4月を4戦4勝だった成長著しい左腕は5月も粘り強い。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月4日のニュース