ソフトB内川、代打で値千金同点打「何とかしないといけないと」

[ 2019年5月4日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク12―11楽天 ( 2019年5月3日    ヤフオクD )

10回1死三塁、右前適時打を放つ代打・内川(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは代打・内川が値千金の同点打を放った。1点を勝ち越された直後の延長10回1死三塁、右翼線ギリギリにポテンと落ちる適時打。「何とかしないといけないと思っていた。内野を越えればと思っていて、(打ち上げて)失敗したと思った」と振り返った。

 出場試合連続安打も12に伸びたが「気にしていない」と淡々。違和感を訴えている左太腿裏の状態も上向きだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース