巨人、床田に苦しみ連勝ストップ 原監督「4安打で、というのは難しいね」

[ 2019年5月4日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―6広島 ( 2019年5月3日    マツダ )

9回2死、岡本は一ゴロに倒れゲームセット(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は終盤に粘りを見せるも、相手先発・床田に苦しんだのが響いた。2敵失が絡んで7回に3点を奪ったが、計4安打で連勝は2で止まった。原監督は「4安打で、というのは難しいね。我々はバットの芯で捉えられないという状況でした」と振り返った。

 ビヤヌエバは3、5回とともに満塁の好機で二ゴロと空振り三振。ここ5試合は打率・100で「練習を重ねて結果を出したい」。守備では同点の8回1死一、三塁から途中出場の左翼手・重信が西川の浅い飛球を捕球後、本塁へ悪送球。一塁ベンチ付近まで球が転がり、生還を許した。指揮官は「少なくとも1メートルくらいの間にはきてほしい。次はいいボールを」と猛省を促した。(神田 佑)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース