大谷、連日のライブBP 復帰目安の40打席にあと2

[ 2019年5月4日 02:30 ]

エンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷が2日(日本時間3日)、2日連続で投手相手の打撃練習「ライブBP」で6打席に立ち、復帰までの目安とされる40打席にあと2となった。非公開で行われ、マイナーの左右の投手相手に3三振、左前打、左翼線二塁打、中飛。走塁やスライディングも行った。

 最短で7日(同8日)の敵地タイガース戦での復帰が見込まれ、ブラッド・オースマス監督は「(復帰後は)毎日、レギュラーでDHで出場する。左右どちらの投手の時も出る。休養日を与えるとしたら左投手の時だが、レギュラーで出ると思う」と期待。現在は主にプホルスがDH、ボアが一塁手で起用されているが、復帰後は大谷がDHで、プホルスとボアが一塁で併用されるとみられる。(アナハイム・柳原 直之)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース