【4日のファーム情報】西武のドラフト1位・松本航 7回4安打無失点で公式戦初勝利

[ 2019年5月4日 18:00 ]

 プロ野球のファームは4日、交流戦を合わせてイースタン、ウエスタン両リーグで計6試合が行われた。

 西武はDeNA戦(西武第2)に2―0。先発のドラフト1位・松本航が7回4安打無失点7奪三振の好投で公式戦初勝利となる1勝目(1敗)を挙げた。1回1安打無失点の大石が3セーブ目(1勝)。DeNAは楠本が3安打。先発・浜矢は5回3安打2失点で1敗目(1セーブ)を喫した。

 巨人―ロッテ戦(ジャイアンツ)は7回表無死で降雨コールドゲームとなりロッテが4―3で勝利。再びリーグ首位に浮上した。先発・ブランドンは4回1/3を4安打3失点で9奪三振。2番手・関谷が1回2/3を無安打無失点で3勝目(3敗)を手にした。ドラフト7位・柿沼が3回に1号ソロ、松田が5回に1号3ラン。巨人先発・坂本工は5回4安打4失点で2敗目(3勝)

 ヤクルトは日本ハム戦(戸田)に7―4。育成の松本友、ドラフト4位・浜田が2安打2打点で、先発・館山は5回2/3を3安打4失点(自責1)。日本ハム先発・吉田侑は6回6安打3失点(自責1)で、2番手・ハンコックが1回4安打4失点(自責3)で1敗目を喫した。

 阪神は広島戦(由宇)に7―0。9回に3安打3四球などで6点を入れた。先発・馬場が8回3安打無失点で1勝目(3敗)。広島先発・ローレンスは6回4安打7奪三振で無失点。打線は3安打に終わり、ドラフト1位・小園も4打数ノーヒット。

 ソフトバンクは中日戦(タマスタ筑後)に3―1。先発・二保が4回4安打1失点(自責0)で、2番手・椎野が3回3安打無失点で2勝目(1セーブ)。栗原が2安打1打点だった。中日先発・山本は8回8安打3失点で完投もリーグワーストタイの4敗目(1勝)。藤井が3安打。左手人差し指負傷のドラフト1位・根尾が実戦復帰し、途中から遊撃の守備に就いた。

 オリックス―楽天の交流戦(オセアンBS舞洲)はオリックスが2―1で逆転勝ち。宜保、白崎がともに2安打。育成の先発・東は5回3安打1失点。楽天先発のドラフト4位・弓削は6回1/3を4安打1失点(自責0)だった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース