日本ハム郡、プロ初安打 快足生かし、しぶとく出塁

[ 2019年5月4日 14:53 ]

パ・リーグ   日本ハム―ロッテ ( 2019年5月4日    ZOZOマリン )

<ロ・日>3回無死、ヒットを放つ郡(撮影・西海健太郎) 
Photo By スポニチ

 日本ハムの郡拓也捕手(21)が4日、プロ初安打を記録した。

 この日17年以来の1軍昇格を果たし、「9番・捕手」でプロ入り初スタメンに抜てきされると、早速結果を出した。3回の先頭、2ストライクと追い込まれてから、ボルシンガーの投じた低めのスライダーに食らいついた。

 打球はボテボテのゴロとなったが、俊足を生かして捕手への内野安打に。帝京時代には東東京大会の3回戦・正則戦で二盗、三盗、本盗のパーフェクトスチールを達成した快足を生かし、しぶとく出塁した。

 郡は試合前、「調子は良いです。積極的なプレーをしていきたい」と話していた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース