日本ハム栗山監督、大胆シフト再び 外野4人 二遊間に三塁手

[ 2019年5月4日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム10―3西武 ( 2019年5月3日    メットライフD )

日本ハムは2回1死走者なしで西武・森を迎えた場面で、二塁手・渡辺が右翼線付近へ移動し、外野4人シフトを採用。空いた二塁の定位置付近は三塁手・平沼がシフトした。
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山監督が再び大胆な守備シフトを敷いた。2回1死で森を迎えると、長打警戒で二塁手・渡辺が右翼線へシフトして外野を4人に。その空いた二塁には三塁・平沼が入った。

 また、これまでプルヒッターのみシフトを敷いてきたが、この日は秋山の打席で2ストライクまで平沼が二遊間に入るシフトを採用。追い込んでからは通常の守備陣形に戻した。緒方守備チーフ兼内野守備走塁コーチは「秋山は今季2ストライク以降は本塁打がなく、追い込まれると左翼方向へ軽打があるから」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月4日のニュース