オリ吉田正、令和初安打がV打「サヨナラ勝ちの流れのまま」

[ 2019年5月4日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3―1ロッテ ( 2019年5月3日    京セラD )

初回2死二塁、吉田正が左前に先制適時打を放つ   (撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 巡ってきた好機を逃さないのが4番だ。初回2死二塁、カウント2―2からオリックス・吉田正はロッテ・二木のフォークを左前へはじき返した。決勝打となる先制適時打は自身にとっての「令和初安打」でもあった。

 「追い込まれてから逆方向を意識しました。昨日(2日)のサヨナラ勝ちの流れのままいけました。先制のチャンスでしたし走者を還すことができて良かった」

 改元前最終戦となった4月29日西武戦で、球団の平成ラスト弾を放って以来9打席ぶりの快音だった。これで吉田正が打点を挙げた試合は元号をまたいで5連勝。「そういうポジションなので。勝利打点を多く挙げられればチームも良い形になると思うので」と力を込めた。

 この日は不振のメネセスが今季初めて先発落ちするなど、2試合連続で4番を託された。チーム打率・226はリーグワーストで、相手から徹底マークされる悪条件下で結果を示した。西村監督からも「本人は満足する打球ではなかったかもしれないけど、しっかり打点を挙げてくれた。先制というところで、すごく良かったと思う」と称えられた。

 「相手投手も簡単には打たせてくれない中で、その上をいかないと。打てるところを打っていければ、自然と結果はついてくると思うので」と吉田正。令和に入って初の連勝で4カードぶりのカード勝ち越しも決めた。最下位に低迷するチームの5月反攻は、背番号34のフルスイングに懸かっている。(湯澤 涼)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月4日のニュース