阪神・福留 待望の貯金生活へ先制タイムリー

[ 2019年5月4日 15:08 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2019年5月4日    甲子園 )

<神・D>3回裏1死満塁、福留は左前に先制の適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 待望の貯金生活へ阪神・福留が、3回に先制点を叩き出した。

 1死から糸原が中前打で出塁すると、糸井は死球で一、二塁。大山も四球を選んで満塁の好機で巡ってきた第2打席でバリオスのチェンジアップを捉えて左前へ先制タイムリーを放った。

 2回の第1打席も右前打と序盤から快音連発で力投する先発・メッセンジャーを援護。前日3日にサヨナラ勝ちした勢いを持続するように、阪神が試合の主導権を握った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース