緒方監督退場も何の!広島が3連勝&本拠マツダ8連勝、勝率5割復帰にあと1 バティ先制弾&サヨナラ打

[ 2019年5月4日 17:49 ]

セ・リーグ   広島3―2巨人 ( 2019年5月4日    マツダ )

<広・巨>10回2死二塁、バティスタ(中央)のサヨナラ打に大喜びの広島ナイン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島が2―2で延長戦に突入した巨人戦に3―2でサヨナラ勝ちを収めて3連勝。本拠マツダでは8連勝とし、勝率5割復帰にあと1とした。

 2―2で迎えた延長10回、1死から野間が右前打で出塁し、菊池涼がバントで送って2死二塁。ここで打席に入った3番・バティスタが左越えにサヨナラ打を放った。

 広島は初回の攻撃で菊池涼の判定に対するリクエストの異議申し立てをしたとして緒方監督が退場処分。試合再開直後にバティスタが右越え6号ソロを放って先制すると、先発投手のジョンソンが6回を無失点で抑えて降板した。

 2番手の一岡が7回に2点を失い、一度は逆転を許したが、その裏に代打・会沢の二塁打で同点。延長戦でのサヨナラ勝ちに持ち込んだ。
 

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース