ロッテが逆転勝ち 角中が同点打、井上が決勝タイムリー!

[ 2019年5月4日 17:17 ]

パ・リーグ   ロッテ3-2日本ハム ( 2019年5月4日    ZOZOマリン )

<ロ・日6>8回2死二塁、井上が中前適時打を放つ(撮影・西海健太郎) 
Photo By スポニチ

 ロッテが逆転勝ちし、連敗を2で止めた。

 2-1と1点ビハインドで迎えた8回、1死から荻野が三塁打で出塁すると、続く角中がカウント3-1から4番手の宮西の投じた外角の変化球を右前へ弾き返す同点適時打。さらに2死二塁から井上が中前適時打を放ち勝ち越した。

 先発のボルシンガー6回113球を投げ、7安打2失点と粘りの投球。中継ぎ陣も無失点投球を見せた。4番手の田中が今季初勝利。益田が8S目。

 日本ハムは、先発の上原が5回4安打1失点と好投するも今季初勝利とはならず。打線は、西川の初回先頭打者本塁打や郡のプロ初安打、平沼のプロ初打点などで2点を取ったが追加点を奪えず。
8回に宮西が打たれ今季初黒星を喫した。

 

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース