ソフトバンク 3連勝で今季最多の貯金7!6年ぶりにパの貯金独り占め

[ 2019年5月4日 19:35 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―0オリックス ( 2019年5月4日    ヤフオクD )

<ソ・オ7>ファンの声援に応える千賀と松田(右)(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが千賀の好投などで3連勝で貯金を今季最多の7に伸ばした。2位に並んでいた日本ハムと楽天が敗れたため、1位ソフトバンクがパ・リーグの貯金を独り占めすることになった。

 ソフトバンクは18勝11敗。2位の西武、日本ハム、楽天が14勝14敗で並び、5位がロッテで13勝15敗、6位にオリックスで11勝16敗となっている。

 セ・リーグでは昨年シーズン終盤まで度々貯金独り占め、今シーズンでも序盤に巨人が貯金独り占めしていたが、パ・リーグではシーズンの序盤を除けば2013年4月30日に西武が貯金9で2位のロッテが5割となって以来6年ぶりのことだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース