中日3連敗で5位転落 12球団唯一の令和勝ちなし

[ 2019年5月4日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―7ヤクルト ( 2019年5月3日    ナゴヤD )

6回途中で降板となり、マウンドでガックリの又吉=中央(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は3連敗で借金は今季ワースト3に膨らんだ。投手不足から17年6月以来の先発となった又吉が初回無死満塁から山田哲に先制の2点二塁打を浴びるなど5回1/3を5失点。「チームに迷惑をかけて申し訳ない」とうなだれた。

 打線も小川に対し9回2死二、三塁から高橋の2点適時打で零敗を阻止するのがやっと。12球団で唯一、令和になってから白星がなく5位に転落した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月4日のニュース