ヤクルト 5回に打者一巡の猛攻で7点!高梨3勝目 中日は4連敗

[ 2019年5月4日 17:04 ]

<中・ヤ(8)>5回表2死満塁、村上は右線2点適時二塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが中日を8―4で下し、2連勝、貯金を5に増やした。高梨は7回を投げ6安打3失点で3勝目。中日からの勝利は日本ハム時代の18年6月1日以来となった。

 打線も大量援護。2回、先頭の4番・山田哲が初球を叩いて左前に運ぶと、盗塁と暴投で1死三塁に。ここで中日先発・柳が再び暴投し、ヤクルトが、ラッキーな形で2試合連続の先制となった。5回には西浦、中村の連打に高梨の犠打で1死二、三塁とすると、太田の遊ゴロ間に追加点。さらに1死一、三塁で上田がスクイズを決め加点。青木は四球を選び1死満塁とし、山田が中前適時打。雄平は中飛に倒れるも、続く村上の右翼線を破る2点適時二塁打で6点目。打者一巡し、2死二、三塁で西浦がこの回2本目の安打となる中前2点適時打を放ち8―1。打者12人、6安打の猛攻でこの回7点を積み上げた。

 先発の高梨は序盤こそ走者を背負ったが、要所を締める投球を見せた。5回は無死・三塁から、二ゴロの間に2点目を失い、6回には福田にソロ本塁打を浴びたが、7回96球3失点でまとめてマウンドを降りた。以降は、8回に2番手・マクガフが1点を失うも、9回は3番手・石山が危なげなく試合を締めた。

中日は今季最多の4連敗で、いまだ令和で勝ちがなく借金も今季最多の4に。先発・柳は6回118球8失点で試合を作れず、今季初黒星を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース