日本ハム、令和初の先発全員安打 中田2戦連発で達成 最後の1人「気づいていた」

[ 2019年5月4日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム10―3西武 ( 2019年5月3日    メットライフD )

7回無死、ライトへソロ本塁打を放つ中田(撮影・西海健太郎) 
Photo By スポニチ

 日本ハムが「令和」となってプロ野球界初の先発全員安打だ。今季2度目の2桁得点で快勝し、2位タイに浮上した。ナインが序盤から次々に「H」ランプを点灯させ、4回までに8点のリードを奪う中で、ひそかに中田は「気づいていた」と振り返る。

 5回に大田が先発8人目の安打となる左前打を放つと、残りは中田だけだった。3打数無安打、1四球で迎えた8―1の7回だ。カウント2―2から国場の外角直球に対し、コースに逆らわずにはじき返して右翼席最前列へ放り込んだ。今季チーム最多となる2戦連発の7号ソロ。安打はこの1本だけだったが、「いいスイングができたので、逆方向へ飛距離を出せた。若い選手を含めて、みんなの勢いに乗せられて一本を出せた。みんな打って勝てたのはよかった」と安どの表情を浮かべた。これで12試合連続安打、6試合連続打点となった。

 ここまで中軸を打ってきた王柏融(ワンボーロン)が左太腿裏の張りで4月30日に抹消。それでもチームは台湾の英雄である助っ人不在となった今カードを2勝1敗と勝ち越して貯金1とし、再び貯金生活に突入した。1日にチームの令和初打点、2日には同じく初本塁打をマークした中田がまた節目の一打を放ち、ベンチのムードは上昇している。 (東尾 洋樹)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月4日のニュース