DeNA阪口が鮮烈初陣 5回2安打無失点「思った以上の自信になった」

[ 2019年5月4日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1―2阪神 ( 2019年5月3日    甲子園 )

DeNA先発・阪口(撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 DeNAはプロ初登板初先発の阪口が5回2安打無失点も、今季3度目のサヨナラ負けで、連勝は2でストップ。2年目右腕は最速150キロの直球とカットボールを軸にアウトを積み重ね「今までで一番よかった。思った以上の自信になりました」と手応えを口にした。

 勝利投手の権利を手に降板したが、2番手・国吉が上本に同点弾を浴びてプロ初勝利はならず。ラミレス監督は「負けてほしくない。完璧な状態で降りてほしかったからあの回で交代した」と説明した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース