日本ハム・平沼 プロ入り4年目でプロ初打点「得点につながって良かった」

[ 2019年5月4日 16:36 ]

パ・リーグ   日本ハム―ロッテ ( 2019年5月4日    ZOZOマリン )

<ロ・日>6回 1死 一、二塁 適時打を放つ平沼 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 日本ハムの平沼翔太内野手(21)が4日、プロ初打点を挙げた。

 ロッテ戦に「7番・三塁」で先発出場。1―1の6回1死一、三塁に、ボルシンガーが投じた初球140キロの直球を叩いた。打球は右翼へと転がり、勝ち越しの適時打。「初球から積極的にいこうと思っていました。同点に追いつかれた後のチャンスで、どうしても1点がほしかったので、得点につながって良かったです」と喜んだ。

 プロ入り4年目での初打点。平沼は4月16日の1軍登録からこの試合まで、打率・273と1軍定着へアピールを続けている。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月4日のニュース