阪神ドラ3木浪 打率もトップ、新人OP戦首位打者なら65年以降2人目

[ 2019年3月24日 06:10 ]

オープン戦   阪神2―4オリックス ( 2019年3月23日    京セラD )

<神・オ>8回無死、木浪は左前打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 木浪(神)が2試合連続マルチでオープン戦安打を21に伸ばした。集計記録の残る99年以降の新人オープン戦安打では09年松本(横浜)、14年井上(ロ)の20安打を抜いて最多となった。目下打率は・389で島内(楽)と並びトップ。仮に新人がオープン戦首位打者なら、14年の井上以来、65年以降で2人目になる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース