DeNA京山、逆転開幕ローテ濃厚 急きょ先発も「粘れた」

[ 2019年3月24日 05:30 ]

オープン戦   DeNA3―4西武 ( 2019年3月23日    メットライフD )

4回3安打2失点のDeNA先発・京山(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 DeNA・京山の逆転での開幕ローテーション入りが濃厚となった。右肘の張りで登板を回避した飯塚に代わって緊急先発。4回3安打2失点(自責1)の粘投を披露し「真っすぐの強さがあったし、走者が出てからも粘れた」。ラミレス監督も「全く悪くなかった。ローテーションに入る可能性はもちろんある」と明言した。

 9日の広島戦は3回1/3で8失点KO。その後は2軍で調整していたが、飯塚の故障で前日に急きょ先発を告げられた。「チャンスだと思って投げた」。直球は最速148キロをマーク。自身の失策が絡むなどして2、4回に1点ずつを失ったが、その後のピンチで踏ん張って大量失点は防いだ。昨季6勝の3年目右腕。開幕2戦目となる30日の中日戦(横浜)の先発が濃厚だ。 (鈴木 勝巳)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース