【24日のファーム情報】根尾フル出場で6の1 西武・メヒア3打席連発

[ 2019年3月24日 18:37 ]

<ファーム交流戦 巨・中>7回1死一塁、右前打を放つ根尾(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 プロ野球のファームは24日、交流戦を含めてイースタン、ウエスタン両リーグで計6試合が行われた。

 西武はヤクルト戦(戸田)に11―3。メヒアが初回の1号3ランから2回の2号3ラン、4回の3号2ランと3打席連続本塁打で計8打点と爆発した。先発・高木勇は5回5安打1失点で1勝目(1敗)。ヤクルト先発・屋宜は1回4安打3失点で1敗目。

 楽天は日本ハム戦(鎌ケ谷)に8―2。昨年6月に右肩、肘を手術し、復帰を目指す釜田が先発して6回無安打無失点で6奪三振。1勝目を挙げた。岩見が6回に1号ソロ。日本ハム先発の新外国人バーベイトは5回1/3を10安打8失点(自責6)で1敗目。打線は3安打に終わった。

 ロッテはDeNA戦(横須賀)に7―5。先発・土肥が5回2/3を4安打2失点に抑えて2勝目を挙げた。ドラフト7位・松田が2安打4打点と活躍。DeNAは初回に神里が1号ソロ。4番・中川大は8回の1号ソロを含む3安打2打点だった。先発・桜井が3回4安打3失点(自責1)で1敗目。

 広島はオリックス戦(由宇)に3―2。先発・アドゥワが9回8安打2失点の完投で2勝目を挙げた。メヒアが初回の2号2ランなど2安打。オリックス先発の新外国人エップラーは6回0/3を5安打3失点で2敗目。山足が3安打1打点だった。

 ソフトバンクは阪神戦(タマスタ筑後)に9―1。九鬼が3安打2打点。先発・松本は5回4安打1失点(自責0)で2勝目。阪神先発・望月は5回3安打2失点で1敗目。

 ファーム交流戦の巨人―中日戦(ジャイアンツ)は延長11回、4―4で引き分け。巨人先発・田口は6回5安打3失点(自責2)。重信が3回に1号ソロ、和田が8回に同点の1号ソロを放った。中日先発・浜田智は4回2/3を4安打3失点(自責2)。「2番・遊撃」でフル出場したドラフト1位・根尾は6打数1安打だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース