巨人・菅野、笑顔のOP戦締め バルガスに「次はスライダー投げない」

[ 2019年3月24日 05:30 ]

オープン戦   巨人5―8ロッテ ( 2019年3月23日    東京D )

力投する巨人・菅野 (撮影・白鳥 佳樹)  
Photo By スポニチ

 開幕投手を務める巨人・菅野は3回3安打1失点でオープン戦最後の登板を終えた。

 初対戦したロッテのドラフト1位・藤原(大阪桐蔭)を翻弄(ほんろう)。初回は140キロ台の直球を4球全て内角に投げ、二ゴロに。第2打席は一転し、変化球主体で攻め最後はカーブで見逃し三振を奪った。

 「今日は(配球を)誠司(小林)に任せていた。意地悪だなと思いました」と苦笑い。看板直撃弾を浴びたバルガスについては「次対戦するときはスライダーを投げないです」と笑った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース