女子プロ野球 10年目のシーズン開幕、京都フローラ1勝1分け発進

[ 2019年3月24日 06:42 ]

日本女子プロ野球 ヴィクトリアシリーズ春季リーグ ( 2019年3月23日    わかさスタジアム京都 )

今季初勝利を挙げた京都フローラ・小西
Photo By 提供写真

 10年目のシーズン開幕を迎えた。ヴィクトリアシリーズ春季リーグは2試合を行い、京都フローラが埼玉アストライアを5―4で下し、愛知ディオーネとは3―3で引き分けた。

 埼玉戦では2回に岩谷が同点ソロ、3回には三浦が決勝2ラン。初年度からプレーする2人の2発が飛び出した。投げては同じくプロ10年目の小西が4失点完投。三浦は「ベテラン選手が引っ張っていかなければいけないと思っていました」と声を弾ませ、小西も「点を取ってくれたおかげ」と続けた。今季は春夏秋の3期制で行われる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース