巨人・今村「粘りの投球できた」無死満塁ピンチも最少失点

[ 2019年3月24日 15:52 ]

オープン戦   巨人―ロッテ ( 2019年3月24日    東京D )

<巨・ロ>力投する先発の今村(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・今村信貴投手(25)が24日、ロッテとのオープン戦(東京ドーム)に先発。3回4安打1失点と上々の内容だった。

 3回は3連打で無死満塁のピンチを作るも、犠飛の1点だけで切り抜けた。オープン戦最終戦を振り返り、「ピンチを作ったが、最少失点で抑えられた。持ち味の粘りの投球ができた」と手応えを口にした。開幕ローテーションの一角を期待される左腕は「自分のピッチングをしてチームに貢献したい」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース