ソフトB柳田 3番で3号弾「何番でも頑張る」、今宮も猛打賞

[ 2019年3月24日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク5―2広島 ( 2019年3月23日    ヤフオクD )

<ソ・広>5回無死、右中間に本塁打を放った柳田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・柳田がオープン戦3号本塁打をマークした。5回の第3打席に九里の高め143キロ直球を右中間テラス席に運び「入るとは思わなかったのでびっくりした。パワーがついてきたのかな」と笑顔を見せた。前日まで4番だったが、この日は3番に座り「普通にやれました。何番でも頑張るだけ」と話した。

 また、今宮が3安打をマーク。初回に中前打を放つと、2回には左前適時打、8回にも左中間への安打(二塁で憤死)と打ち分けた。打率・342に上昇した2番打者は「しっかりタイミングが取れている。昨日は力んであまり良くなかったので、気持ちを切り替えて試合に臨んだ」と振り返った。

 ▼ソフトバンク・デスパイネ(初回に左太腿に死球を受け途中交代)出たかったけど無理する時期でもないので。大丈夫。

 ▼ソフトバンク・内川(2安打をマーク)振っている感じは悪くないですね。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース