【隠しマイク】栗山監督、札幌戻っても「目がしょぼしょぼ。感動して泣いてるわけじゃない」

[ 2019年3月24日 08:30 ]

<日・ヤ>6回を終え投手交代を告げベンチに戻る栗山監督(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 ◎練習中、多くの記者でごった返す三塁側の阪神ベンチを見たオリックスのT―岡田はスポニチ本紙記者に向かって「阪神キャップは忙しそうですね。オリックス担当は暇そうですが」。おい、後輩に聞こえるやないか。

 ◎17泊18日の長期遠征を終えて久々に札幌ドームに戻った日本ハム・栗山監督は「(スギ花粉が少ない)北海道に来たのに、まだ目がしょぼしょぼする。感動して泣いてるわけじゃないからね」。まだ練習中ですもんね。

 ◎札幌に来ても生の海産物が食べられないというヤクルト・バレンティン。「カラダ、ツヨイ。デモ、オナカ、ウイーク(弱い)ネ」。

 ◎メットライフドームのベンチは椅子が前後に2列。座る場所を決めていたDeNA・佐野は、一度は後列に用具を置くも思い直して前列のはしに。「若いんで前へ。ここ(後列中央)は27歳ぐらいで」。入団3年目、24歳です。

 ◎西武・辻監督が存在感が薄めの担当記者を見つけてひと言。「おはようございます。何をされている方ですか?」。既に恒例のやりとりになっています。

 ◎記者から昨季の開幕戦について聞かれた楽天・内田は「めっちゃ緊張しました」と返答。近くにいた山下から「緊張したん?その顔で?」といじられると「顔は関係ないやろ!」。

 ◎打撃練習の合間に坂本勇から話し掛けられた巨人・ゲレーロ。日本語は理解できていない雰囲気だったが、日本語で「そうなんだー!」。抜群の相づちでした。

 ◎マリナーズ・イチローが引退した21日の試合をテレビで観戦していたというDeNA・山崎は「シアトルでセレモニーはあるんですよね。行こうかな。試合が終わってから駆けつけます!」。どこでもドアが必要です。

 ◎三塁コーチを務めるロッテの大塚外野守備走塁コーチは新外国人レアードについて「シーズンに入ったら、寿司握るサイン出してみようかな」。ホームランのサインですね。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース