西武ドラ1・松本航「軽い肺炎」と診断 完治まで療養

[ 2019年3月24日 08:40 ]

西武のドラフト1位・松本航
Photo By スポニチ

 西武は24日、ドラフト1位・松本航(日体大)が前日23日に所沢市内の病院で検査を受け、軽い肺炎と診断されたと発表した。

 この日の練習には参加せず、完治まで療養する。

 松本航は21日に風邪による発熱と診断され、練習を欠席。22日の練習には参加していた。デビューを予定していた開幕3戦目の31日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)について、小野投手コーチは「予定通りにいけるようギリギリまで(状態を)見る。ぶっつけもあり得る」と話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月24日のニュース